読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会と田舎の二地域暮らしのバランス ~ Dual Life Balance ~ ~ 田舎の治癒力を都会のビジネスパーソンへ ~

成瀬 訓久(なりせ くにひさ) 平日は「東京で都会暮らし」、週末は「千葉の内房(鋸南町)で田舎暮らし」の週末田舎暮らし(二地域居住)をして15年。 田舎には「都会の人を癒す治癒力がある」と思います。 「都会での経済・効率優先の生活」と「田舎での原始・人間的な生活」のバランス(Dual Life Balance)を模索・追究しています。 私の試行錯誤な実践知見情報が、週末田舎暮らし(二地域居住)を検討する"忙しいビジネスパーソン"にとって役立つなら幸いです。

大型連休時の田舎暮らし

f:id:narise:20160508154415j:plain

今年のゴールデンウィーク(GW)も今日で、とうとう終わり。日並びが良く10連休した方も多いようですね。私は、4/30(土)~5/5(木)の6連休でした。

大型連休といえば、年に3回です。それは、「初夏のゴールデンウィーク(GW)」「夏の盆休み」「年末年始の正月休み」です。殆どの方は、1週間程度の休みを取ると思います。

大型連休時は、海外や国内旅行を楽しんだり、帰省したりする人が多いと思いますが、私は、いつもの週末田舎である千葉の内房鋸南町)へ帰る事が多いです。

ほぼ毎週末、千葉の内房鋸南町)に居るのだから、大型連休時くらいは「他の地域に行った方が良いのでは?」「1週間も田舎の家に居て飽きないの?」と疑問視されることが多々ありますが、まったく飽きないのです。以前、連続2週間居た事もありますが、その時もまったく飽きませんでした。

ただ、大型連休時の田舎暮らしは、いつもの週末とは違う田舎暮らしをしています。週末の土日に時間制約で出来ない事に取組みます。主として下記4つです。

1つ目は、南房総エリアの旅館に、あえて外泊するのです。週末田舎暮らしの家を拠点に、小旅行へ出かける感覚です。気になる宿を見つけたら、大型連休時に宿泊します。私のお気に入り宿は「ゆうみ鋸南町)」や「ラ・松廬 (鴨川)」等です。リピート宿泊も好きですが、新たな宿の新規開拓も続けています。。。

f:id:narise:20160508154359j:plain

f:id:narise:20160508154425j:plain

 

2つ目は、レストランやカフェを新規開拓し、ゆっくりと食事やお茶をする事です。今回のGWには、レストラン「オステリア ベッカフィーコ(館山)」でイタリアンを、そしてカフェ「海遊魚鋸南町)」で米粉ワッフルを食べました。田舎のレストランやCaféは、都会の店とは違い、スタッフが少数で、手作り工数が多い事もあり、品が出てくるまで、時間が要する事が多いようです。故に、私は、大型連休時の時間に余裕のある時に、店を新規開拓しています。それらの中で、気に入った店があれば、普段の週末土日使いの店としてリピート来店します。。。

f:id:narise:20160508155317j:plain

f:id:narise:20160508155332j:plain

f:id:narise:20160508155339j:plain

 

3つ目は、庭や農道の維持です。草を刈ったり、木を伐採したり、通路妨害となるゴロ石を移動させます。普段の土日では着手できない「家の裏山」「家へ繋がる共同農道」「家の周りの耕作放棄地」の野良仕事をします。エンジン付きの「草刈り機」や「チェーンソー」を使うので、エンジンの振動と事故に対する緊張で、体的は大変疲れますが、キレイになった土地を見ると、その達成感は格別です。平日の都会仕事では短期間に成果が出て達成感を味わえる事はありませんが、田舎の野良仕事は半日で成果を実感出来る為、脳への報酬として精神的には良いと思います。。。

f:id:narise:20160508191941j:plain

 

4つ目は、ひたすら読書です。平日の都会で購入し、山積した未読の本を、ただひたすら読みまくります。目が疲れたら、木の緑や海の青を見て目を休めたり、近くの里山農道や海辺を散歩したりして体を動かし、気分転換したら、再度ひたすら本を読みまくります。読む本はビジネス書が中心ですが、大型連休時は、良い機会なので、ビジネス本以外も読んだりします。今年は、興味あるものの、知識や経験が無い「家造り」「菜園」「料理」「ワイン」の本を読んでみました。本を読んでいると、仕事や生活のヒントが多々見つかるので、随時、スマホへメモ保存しておきます。大型連休も終盤になると、これらヒントのメモが多数溜まってきます。そして、これらを活用したアイデアを、平日の都会生活で試してみたい気持ちがムクムクと出てきます。。。

 

次の大型連休は、3か月後の「夏の盆休み」。明日からの普段生活を送りながら、夏の大型連休時にしてみたい新たな田舎暮らし案をメモしていく事が当面の楽しみになりそうです。。。